横吊クランプ

EASY 横吊クランプ

特長

  1. アングル・チャンネル・アイビームとその構造物の専用吊として、吊作業の高能率が約束されるEASY(簡単)なクランプです。
  2. 荷重増加に応じて強い力でかみこむ構造になっています。
  3. 受金はアール状になっており、角度吊の際、本体にかかるねじれ力が少なく無理がありません。
  4. S型はカム軸にねじりコイルばねが装着されており、
  • クランプを取り付けた際、手で支え持つ手間はいりません。
  • 一旦クランプした被吊上物が、着地して、ワイヤーがゆるみ荷重がゼロになってもクランプは、部材から外れることはありません。

 

<使用例>

使用例

仕様・寸法図

(mm)

基本使用
荷重
クランプ
範囲
型式 くわえ深さ
最小寸法
A B C C1 D F G H I J M 自重(kg)
D1 D2
1/2TON 0~16 S型 45 100 128 106 20 40 68 26 30 96 25 50 25 1.2
1TON 0~16 O型 50 102 156 124 24 46 68 24 37 114 30 43 26 2.4
S型 60 2.5
2TON 0~20 O型 65 135 201 152 30 56 89 38 48 147 40 55 34 4.1
S型 73 4.2
16~28 O型 55 4.1
S型 73 4.2
3TON 10~40 O型 72 170 275 190 36 72 110 60 65 198 45 60 40 7.7
S型 88 7.8
25~45 O型 72 155 264 60 7.4
S型 88 7.5

分解図

EASY型の使用方法

  1. EASY型クランプによる玉掛作業は、右図の正しい吊方Ⓐ、Ⓑ、Ⓒ、Ⓓ、Ⓔを参照に正しい作業を行ってください。
  2. Ⓐ、Ⓑの吊方で、1点吊(原則としてワイヤロープは2本通す)の場合、吊荷の長さは2m以内とし、必ずバランスのとれた重心上を吊ってください。(偏芯すると危険です。)
  3. Ⓒの吊方のように、吊荷が2m以上の場合は、2点吊とし、必ず角度吊又は、天びん吊で作業してください。(バランスがよく安全です。)
  4. Ⓓ、Ⓔの吊方のように、竪吊に近い場合は吊荷の制限を受けますので、横吊の80%に基本使用荷重の選定を行ってください。(安全係数が低下します。)

〈危険〉

  1. EASY型クランプは、右図の正しくない吊方Ⓕ、Ⓖ、Ⓗは危険ですから絶対にしないでください。
    (特に、Ⓕ、Ⓖの吊方は、カム軸芯と吊環穴が一線上になってクランプカが発生しません。)
  2. Ⓗの吊方は厳禁です。

お問合せはこちら

ネツレンクランプは、いつもお客様のためにお役に立ちたいと考えています。
クランプ、その他の吊り具や工具に関することなら何でも結構ですので、まずは一度、私たちにご相談ください。
オーダー品のお問い合わせの場合は、各オーダー品のページに記載されているオーダーNo.をご記入ください。

ページの先頭へ