会社概要・沿革

会社情報

会社名 三木ネツレン株式会社
英名 MIKI NETSUREN INDUSTRIAL CO.,LTD
創業 明治3年/1870年
資本金 47916千円
代表者 代表取締役社長 廣田健二
本社所在地 兵庫県三木市別所町高木638
事業内容 スパナ、レンチ、吊工具及び、鍛造品の製造販売
取引銀行 三井住友銀行 三木支店
三菱東京UFJ銀行 明石支店
みなと銀行 三木支店
認定 日本工業規格(JIS)表示認定
片口スパナ・両口スパナ
ホームページ http://www.neturen.co.jp/
本社・工場 〒673-0435 兵庫県三木市別所町高木638
TEL:0794-82-5115 FAX:0794-82-5120 IP:050-3539-4025

東京営業所 〒130-0012 東京都墨田区太平1-2-12(志賀ビル3F)
TEL:03-5819-8522 FAX:03-5819-8533 IP:050-3537-7386

沿 革

1870年(明治3年) 初代材木屋吉兵衛三木の特産金物である鉋及び鋸の生産を始める。
1943年(昭和18年) 神戸製鋼所協力工場の指定を受け、精密型鍛造に着手する。
1947年(昭和22年) スパナの専業メーカーに転換する。
1952年(昭和27年) 日本工業規格スパナ(JIS)日本工業規格表示許可工場の認定を受ける。
1961年(昭和36年) 国産初のネツレンクランプを開発、生産販売を開始。
別所工場建設第1期工事竣工。
1964年(昭和39年) ネツレンハッカー(吊フック)DL型を開発し、生産販売を開始。
1965年(昭和40年) ネツレンクランプ(ワンタッチロック開放式)主力製品V-25型を新開発、生産販売を開始。
1967年(昭和42年) 三木ネツレン株式会社に社名変更。
1968年(昭和43年) 造船工法の合理化にともない、50トンの大型クランプ(KB-100型)を開発する。
ドイツより自動フォージングロール機を輸入。高周波誘導加熱炉及び鍛造プレスを併用した 第1次鍛造自動化を図る。
1970年(昭和45年) 創業100周年を迎える。
1974年(昭和49年) 自動フォージングロール(第2号機)を輸入し、型打鍛造の第3次自動化を図る。
1979年(昭和54年) ネツレン竪吊クランプV-25型、ネツレンイージークランプS型、
ネツレン吊フックDL型が中央労働災害防止協会より
安全衛生装器具の推奨品に指定される。
新商品コンクリート二次製品U字溝クランプを開発する。
1981年(昭和56年) ネツレン吊フックDL-B型、B/B型、ネツレンU字溝クランプCU-M型・CU-H型が
中央労働災害防止協会より安全衛生装器具の推奨品に指定される。
1985年(昭和60年) 日本工業規格パイプレンチ(JIS)日本工業規格表示許可工場の認定を受ける。
1988年(昭和63年) クランプ実験棟完成。
1991年(平成3年) 三次元CAD/CAMの導入設置により、金型の標準化を図る。
1992年(平成4年) 無災害記録に対し、労働大臣表彰進歩賞を受賞。
1995年(平成7年) 挟締金具「エースマンWS-50型」が(社)仮設工業会の認定を受ける。
1997年(平成9年) 金型製作の合理化を図る。
1999年(平成11年) ISO9002認証取得する。
該当製品叉はサービスの範囲:
スパナ、パイプレンチ、クランプ及びハッカーの製造、付帯サービス(点検・修理)
2000年(平成12年) 労働災害無災害記録1000日達成。社内イントラネットシステム構築。
2001年(平成13年) 本社事務所新築移転。
2002年(平成14年) ISO9001:2000認証取得する。
2005年(平成17年) 関西の作業工具関連メーカー7社で『アクティブ21の会』結成。
2006年(平成18年) ネツレン竪吊クランプV-25型1ton・3tonをモデルチェンジ。
2007年(平成19年) 日本工業規格、新JISマーク認証取得。
2009年(平成21年) 自動フォージングロール機及び高周波誘導加熱炉を最新機に入替え。

 

お問合せはこちら

ネツレンクランプは、いつもお客様のためにお役に立ちたいと考えています。
クランプ、その他の吊り具や工具に関することなら何でも結構ですので、まずは一度、私たちにご相談ください。
オーダー品のお問い合わせの場合は、各オーダー品のページに記載されているオーダーNo.をご記入ください。

ページの先頭へ