コンクリート二次製品専用クランプ

CU-H型 / CU-M型 U字溝竪吊クランプ

特長

  1. コンクリート二次製品専用の吊クランプです。
  2. U字溝・フリュームなどの施行現場で……
  3. クレーン等による布設工事に……
  4. 手作業による位置決め、微調整に……
  5. ネツレンU字溝竪吊クランプは、安全性を最重点に軽量で耐久性を追求した製品です。

スピーディーなロック解放!
CU-M型(マシンタイプ)

  1. ロックレバーをOPEN(オープン)の位置にするとカムが解放状態になります。
  2. クランプをセットし、ロックレバーをCLOSE(クローズ)の位置にするとカムが固定されます。

危険

  1. オーバーロードの禁止(クランプが変形したり、ピンが折損することがあります。)
  2. 横つかみ厳禁(クランプが外れて吊上物が転倒や落下するおそれがあります。)
  3. カムの目詰り厳禁(抜け落ちることがあります。)

<使用例>

仕様・寸法図

CU-H型(ハンドタイプ)の仕様および製品寸法

(mm)

基本使用
荷重
形式 クランプ
範囲
A B D H F I C 自重(kg)
250KG 40形 0~40 335 190 85 137 50 32 50 2.0
標準形 30~60 335 190 85 147 70 32 50 2.2
80形 50~80 335 190 85 167 90 32 50 2.4

※呼び方(例)CU-H型250KG(標準形)

CU-M型(マシンタイプ)の仕様および製品寸法

(mm)

基本使用
荷重
形式 クランプ
範囲
A B D H F I C 自重(kg)
250KG 標準形 50~80 318 190 85 167 90 32 50 2.2
100形 70~100 318 190 85 187 110 32 50 2.4
120形 90~120 318 190 85 207 130 32 50 2.6
140形 110~140 318 190 85 227 150 32 50 2.8
160形 130~160 318 190 85 247 170 32 50 3.0
180形 150~180 318 190 85 267 190 32 50 3.2
200形 170~200 318 190 85 287 210 32 50 3.4

※呼び方(例)CU-M型250KG(標準形)

(mm)

基本使用
荷重
形式 クランプ
範囲
A B D H F I C 自重(kg)
1/2TON 40形 0~40 485 315 190 195 55 40 60 6.4
60形 20~60 485 315 190 215 75 40 60 6.6
70形 30~70 485 315 190 225 85 40 60 6.7
80形 40~80 485 315 190 235 95 40 60 6.8
90形 50~90 485 315 190 245 105 40 60 6.9
100形 60~100 485 315 190 255 115 40 60 7.0
130形 90~130 485 315 190 285 145 40 60 7.3
160形 120~160 485 315 190 315 175 40 60 7.6
190形 150~190 485 315 190 345 205 40 60 7.9
220形 180~220 485 315 190 385 245 40 60 8.2
1TON 50形 0~50 510 335 195 235 65 52 70 13.1
80形 30~80 510 335 195 265 95 52 70 13.5
90形 40~90 510 335 195 275 105 52 70 13.6
130形 80~130 510 335 195 315 145 52 70 14.3
170形 120~170 510 335 195 355 185 52 70 14.8
210形 160~210 510 335 195 395 225 52 70 15.3
250形 200~250 510 335 195 435 265 52 70 15.8

※呼び方(例)CU-M型1/2TON(130形)

CU-MD型(深囗用)の仕様および製品寸法

(mm)

基本使用
荷重
形式 クランプ
範囲
A B D H F I C 自重(kg)
250KG 75形 35~55 386 265 150 187 85 32 50 3.0

※呼び方(例)CU-MD型250KG(75形)

お問合せはこちら

ネツレンクランプは、いつもお客様のためにお役に立ちたいと考えています。
クランプ、その他の吊り具や工具に関することなら何でも結構ですので、まずは一度、私たちにご相談ください。
オーダー品のお問い合わせの場合は、各オーダー品のページに記載されているオーダーNo.をご記入ください。

ページの先頭へ