竪吊クランプ

FL-V 無傷竪吊クランプ(安全歯カム付)

特長

  1. 従来の重量物の吊上運搬作業において、今まで常識では不可能と考えられていたきずをつけずに吊れるクランプとして、安全第一を主眼に開発された画期的な吊クランプです。
  2. 普通鋼板、高張力鋼板や橋梁、製缶及び加工板、高圧タンク類等、幅広い用途の中で、吊上物の表面にきずがついてはいけない場合は勿論、ステンレス鋼板、アルミ板その他非鉄金属板等で、マグネット使用ができない竪吊作業にも最適な、安心して使用できるクランプです。
  3. 吊上物の厚さを調整締付ける軽合金製スライダーと、特殊機構をもった受金にクランプ力が働き「すべり」が生じない構造になっています。
  4. オーバーロード等が発生すると、安全歯カムが強制的に働く構造となっています。

仕様・寸法図

(mm)

基本
使用荷重
クランプ
範囲
A B C D Do E F G H I J M 自重
(kg)
アジャストボルト
六角2面幅(S)
1/2TON 0~16 245 149 40 72 82 59 24 55 138 44 74 40 3.0 19
1TON 0~25 400 233 60 113 148 70 36 72 179 52 80 55 7.5 19
2TON 0~25 430 282 60 130 170 92 40 85 217 58 98 60 10.5 19
3TON 0~30 520 303 75 135 183 97 46 97 240 70 118 62 18.0 19
20~50 66 250 19.0
5TON 0~30 610 380 90 165 225 115 50 130 295 88 154 90 32.0 22
20~50 70 315 32.9

※呼び方(例)FL-V型 3TON(0~30) 上表のクランプ範囲以外のものも製作致しております。

分解図

FL-V型の使用方法

(竪方向又は横方向におけるクランプの取付け、取外し操作方法)

1)吊上物の板厚に応じてアジャストボルトを回してスライダーを戻し、あらかじめ口幅を広く開けます。

2)吊上物がクランプのくわえ口の奧にあたるまで、充分差込みます。

3)吊環を押し込み、次に補助カムのレバーを手指で開放に戻します。

4)受金が本体に密着するまで、アジャストボルトを回して締付けるとクランプの取付が完了します。

5)吊環を引張って吊上げ荷重を掛けると受金にクランプ力が働いて吊上物を増締めします。

6)着地後、取外しの場合は、アジャストボルトを逆に回してスライダーを上方に戻せば開放になります。

お問合せはこちら

ネツレンクランプは、いつもお客様のためにお役に立ちたいと考えています。
クランプ、その他の吊り具や工具に関することなら何でも結構ですので、まずは一度、私たちにご相談ください。
オーダー品のお問い合わせの場合は、各オーダー品のページに記載されているオーダーNo.をご記入ください。

ページの先頭へ